Highway Walker

  • Twitterアイコン

印刷/印字と象形にまつわる創作の数々! 水戸芸術館現代美術ギャラリー「立花文穂展 印象 IT'S ONLY A PAPER MOON」を開催中【常磐自動車道 水戸北スマートICから約6km】

2022年08月17日 16時30分更新

 茨城県の水戸芸術館現代美術ギャラリーは10月10日まで「立花文穂展 印象 IT'S ONLY A PAPER MOON」を開催している。

 文字や紙、本を素材・テーマに作品を制作してきたアーティスト、立花文穂氏(たちばな・ふみお、1968年広島市生まれ)による、美術館での初個展を開催。

 本展は、「印象」というタイトルのもと、印刷/印字と象形(かたどる/かたちづくる)という立花氏の創作の思想・思考に深く触れられるものとなっている。美術館における初の個展として、本展に合わせて制作された新作とともに、同氏の四半世紀にわたる創作を総体的に紹介する。

立花文穂展 印象 IT'S ONLY A PAPER MOON

日程:10月10日まで
時間:10時~18時(入場は17時30分まで)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。 またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう