Highway Walker

  • Twitterアイコン

手つかずの自然が多く残る奥秩父の魅力を紹介! 埼玉県立自然の博物館、企画展「奥秩父の自然」を開催【関越自動車道 花園ICから約17km】

2022年08月23日 14時15分更新

 埼玉県立自然の博物館では10月16日まで令和4年度 企画展「奥秩父の自然」を開催する。

 埼玉県西部に位置する奥秩父山塊は、荒川や千曲川など関東・中部地方の主要河川の源流と分水嶺にあたり、手つかずの自然が多く残る場所として、秩父多摩甲斐国立公園やジオパーク秩父、甲武信ユネスコエコパークに認定されている。

 本企画展では、奥秩父を地形・地質、植物、動物の3つの視点から捉え、その魅力を紹介する。

企画展「奥秩父の自然」

期間:10月16日まで
会場:埼玉県立自然の博物館
開館時間:9時~16時30分 (入館は16時まで)
     ※8月は9時~17時 (入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(祝日、8月は開館)、9月6日~11日(日)
料金:一般200円、高校・大学生100円、中学生以下無料    
   ※障害者手帳等を持つ人と介助者1名無料

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。 またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう