Highway Walker

  • Twitterアイコン

“挿絵本の黄金時代”を築いた画家の魅力に迫る! 軽井沢絵本の森美術館「アーサー・ラッカムと『ギフト・ブック』の時代」10月14日から【上信越自動車道 碓氷軽井沢ICから9.5km】

2022年09月09日 18時20分更新

「アーサー・ラッカムと『ギフト・ブック』の時代」

 ムーゼの森 軽井沢絵本の森美術館では、「アーサー・ラッカムと『ギフト・ブック』の時代」を10月14日〜2023年1月9日の期間に開催する。

 「ギフト・ブック」とは、19世紀末頃から20世紀初めに出版されていた、豪華な装飾がほどこされた挿絵入りの本のこと。本展では、その挿絵画家の代表格であるアーサー・ラッカムの挿絵の魅力にせまりながら、子どもたちの絵本の歴史を飾った「ギフト・ブック」を振り返る。

 このほか、同館の収蔵品の中から貴重な60点以上の挿絵本と、ラッカムと同時代に活躍した画家であるロビンソン三兄弟、レズリー・ブルックらの原画も展示する。

アーサー・ラッカムと「ギフト・ブック」の時代
会場:ムーゼの森 軽井沢絵本の森美術館
期間:10月14日〜2023年1月9日
休業日:【10月・11月】火曜日
    【12月】火~金曜日 ※12月28日~31日は開館
    【1月】1月1日、4日~6日
    ※1月10日~3月中旬は冬季休館
時間:【10月】9時30分~17時
   【11月~1月】10時~16時
   ※最終入館は閉館の30分前
料金:大人950円、中高生600円、小学生450円 ※小学生未満無料
住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉182(塩沢・風越公園)
TEL:0267-48-3340

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう