Highway Walker

  • Twitterアイコン

ザイフェンで作られる様々な木工おもちゃを紹介! エルツおもちゃ博物館・軽井沢で「木のおもちゃの物語~おもちゃの町、ドイツ・ザイフェンを巡ろう!~(後期)」を開催中【上信越自動車道 碓氷軽井沢ICから約9.5km】

2022年09月20日 17時00分更新

 エルツおもちゃ博物館・軽井沢では10月3日まで、2022 春夏展「木のおもちゃの物語~おもちゃの町、ドイツ・ザイフェンを巡ろう!~(後期)」を開催している。

 ドイツ東部のエルツ地方は、木工おもちゃ産業において300年以上の歴史を有している。町のメインストリートにはマイスターたちのおもちゃ工房が立ち並び、「パイプ人形」や「くるみ割り人形」をはじめとした、良質な木工おもちゃが生み出されている。

 本展では、「パイプ人形」と「くるみ割り人形」を中心に、ザイフェンで作られる様々な木工おもちゃを紹介。

 おもちゃの町・ザイフェンの雰囲気を楽しんでもらいながら、おもちゃのモチーフとなっているエルツ地方の歴史や文化について知ってほしいとしている。

木のおもちゃの物語~おもちゃの町、ドイツ・ザイフェンを巡ろう!~(後期)

期間:10月3日まで
時間:9時30分~17時(最終入館は16時30分)
休館日:火曜(9月は無休)
入場料金:エルツおもちゃ博物館・軽井沢単館の場合 大人750円、中高生500円、小学生350円
     軽井沢絵本の森美術館/ピクチャレスク・ガーデンとの2館共通セット券の場合 
      大人1400円、中高生900円、小学生650円
※小学生未満無料
※小学生以下の入館には保護者の同伴が必要
※障がい者割引あり

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。 またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう