Highway Walker

  • Twitterアイコン

ヤマアカガエルのくらしを観察! 飯能市立博物館前で「冷たい水からラブコール⁉ ~早春のカエルを観に行こう!~」を開催【圏央道 狭山日高ICから約7.5km】

2023年01月18日 13時00分更新

 埼玉県の飯能市立博物館前では2月26日、「冷たい水からラブコール⁉ ~早春のカエルを観に行こう!~」を開催する。

 今回のツアーでは、早春の里山の冷たい水辺に集まるヤマアカガエルのくらしを観察。変温動物の彼らにとっては、「早起き」ともいえるこの時期にどうして活動を始めるのか、そんな答えを探すツアーだという。

 当日のタイムスケジュールについてはこちらを参照。

冷たい水からラブコール⁉ ~早春のカエルを観に行こう!~

日時:2月26日11時~15時
集合場所:飯能市立博物館前(国際興業バス「OH!!!・天覧山下」バス停下車徒歩3分)
利用料金:大人5000円、学生4000円、未就学児2000円(ガイド、保険、資料)
定員:15名

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。 またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう