Highway Walker

  • Twitterアイコン

埼玉県の埼玉県立歴史と民俗の博物館で企画展「太平記絵巻 -描かれた武士の世界-」7月17日から開催【東北縦貫自動車道/東北自動車道 岩槻ICより車で約6km】

2021年07月13日 14時20分更新

 埼玉県の埼玉県立歴史と民俗の博物館で企画展「太平記絵巻 -描かれた武士の世界-」を7月17日から9月5日まで開催する。

 太平記絵巻は、長大な軍記物語『太平記』を全12巻の絵巻にした現存する唯一の作品。全12巻のうち、同館が所蔵する巻第一、二、六、七、十巻を17年ぶりに一挙に展示・公開する。

 開催時間は9時から17時まで。休館日は月曜日。なお、7月17日から8月31日までの開館時間は9時~17時(観覧受付は16時30分まで)、9月1日から9月5日の開館時間は9時~16時30分(観覧受付は16時まで)。料金は、一般400円、高校生・学生200円。中学生以下、障害者手帳等提示者は無料。

埼玉県立歴史と民俗の博物館
住所:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219
最寄り:東北縦貫自動車道/東北自動車道 岩槻ICより車で約6km

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう