Highway Walker

  • Twitterアイコン

西洋絵画の400年を一望! 栃木県立美術館で「東京富士美術館」の珠玉のコレクションを展示、10月23日から

2021年09月21日 15時30分更新

栃木県立美術館 公式サイトより

 栃木県立美術館では、10月23日~12月26日の期間、企画展「名画でたどる西洋絵画400年―珠玉の東京富士美術館コレクション」を開催する。

 東京富士美術館は、1983年に東京都八王子市に開館した美術館で、日本・東洋・西洋の各国、各時代の絵画・版画・写真・彫刻・漆工・武具・刀剣・メダル等、様々なジャンルの作品およそ3万点を収蔵している。

 中でもその西洋絵画コレクションは、16世紀のイタリア・ルネサンスから20世紀までの西洋絵画史をほぼ一望できるほどの極めて充実したものとして知られる。本展では、その珠玉のコレクションから厳選した作品およそ80点により、16世紀後半~20世紀の西洋絵画400年の歴史を紹介する。

 観覧時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)。休館日は月曜日。観覧料は一般1200円、大高生 600円、中学生以下無料。11月3日の文化の日は、オンラインの事前予約で無料となる。

栃木県立美術館
住所:栃木県宇都宮市桜4-2-7
最寄り:東北自動車道 鹿沼より車で約8km
TEL:028-621-3566

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう