Highway Walker

  • Twitterアイコン

彫刻家・長沼孝三が見た長井の風景、文教の杜ながい「長井の心・詩と風景」10月31日まで開催【東北中央自動車道/東北中央自動車道相馬尾花沢線 米沢北ICより車で約25km】

2021年10月15日 16時20分更新

 文教の杜ながいは丸大扇屋にて企画展「長井の心・詩と風景」を10月31日まで開催。

 長井市で生まれ育った彫刻家・長沼孝三は、自筆の「長井の心」と題された文章のなかで、橋の上から見る長井の風景を「世界の宝」であるとして讃えている。一方、西山と東山に囲まれ、その間を最上川が流れる長井の地形は、十八世紀に李氏朝鮮の地理書「択里志」で記述された「楽土」の条件を満たしており、人間形成にとって理想的な環境であると言われている。そのような風土のもとで生まれた作品を通じて、今も長井の人々の中に息づく「長井の心」について考える企画展。

長井の心 詩と風景
出品作家:奥山明甫、蒲生直英、菊地隆知、金 裕赫
     佐藤柊坡、渋谷円吉、島貫 洋、菅原白龍
     孫田秀春、大道寺吉次、内藤潤三、長沼孝三
開催期間:~10月31日
休館日 :月曜日(祝日の場合は翌日休館)、月末日(10月31日は開館)
会場  :丸大扇屋内蔵・新蔵
開催時間:10時~17時(入場は16時30分まで)
料金  :無料
主催  :一般財団法人 文教の杜ながい
イベント情報:長井の心 詩と風景

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう