Highway Walker

  • Twitterアイコン

陶芸体験を楽しんだ後は、カフェや温泉で一休み

モノづくりが盛んな笹間市で、アート体験ドライブ!

2021年04月15日 15時00分更新

窯元が点在する焼物の里へ

 江戸時代に藩の御用窯として発展した笠間焼。自由で縛りのない作風を求めて、今でも多くの作家が集まる笠間では、とことん器にこだわる旅を満喫したい。まずは陶芸体験が可能な「笠間工芸の丘」へ。実際に土に触れることで、器を見る目も変わることだろう。ランチは「Lunch and Cafeの陶之助+」へ。笠間焼の器で食べると料理もより味わい深く感じられる。歴史ある「笠間稲荷神社」では、参道歩きも楽しい。お土産にはやはり笠間焼を。「きらら館」ではキュートなネコ形の器が注目の的。最後は気軽な立ち寄り湯「笠間市いこいの家はなさか」でひと風呂浴びて帰路に就こう。

眺望抜群のテラスもある体験型の陶芸施設
笠間工芸の丘

展示室やショップを含め、扱う作家は250人以上。唯一無二の作品と出合いたい

 笠間芸術の森公園内の丘陵地に立つ総合アート施設。笠間焼の作品が一堂に会するアートスペースやクラフトショップ、各種陶芸体験が可能な工房などが点在し、モノづくりの喜びを教えてくれる。

JR東日本の寝台列車「トランスイート四季島」にも使われている井上英基氏の作品

「練上」の技法で美しいグラデーションを生み出す松井康陽氏の作品

企画展などの催し物が行われるクラフトホール

年に一度火入れがされる登り窯

笠間工芸の丘データ

茨城県笠間市笠間2388-1
電話番号:0296-70-1313
営業時間:10時~17時、ロクロ体験10時15分~、13時~、15時~※(※㊏㊐:congratulations:のみ開催)
休日:㊊(:congratulations:・連休の場合は翌日)
料金:ロクロ体験2200円(所要80分、焼成代・送料別。体験後2か月ほどで発送)、フュージング体験2200円(所要60分、送料別。体験後3週間ほどで発送)
駐車場:170台(無料、期間により有料の場合あり)


 

素朴な風合いの器で手作りの料理をゆっくりと
Lunch and Cafe陶之助+

「スパイシーチキンカレー」はサラダ、プチデザート、ドリンク付きで¥1,450

 国道50号沿いに立ち、地場の食材、特に新鮮な野菜をふんだんに使った料理が味わえる店。ランチやデザートが供されるのはいずれも笠間焼の器で、素材本来の自然の色合いをより引き立ててくれる。

8mもの高い吹き抜けと石や木などを組み合わせた個性的な空間。穏やかな時の流れを感じさせる

国産豚バラを使った「Aランチ・あぶりチャーシュー丼」は前菜3種、汁椀、プチデザート、ドリンク付きで¥1,550

どこかぬくもりを感じさせる笠間焼の器。

店のそこに配され、しっくりなじんでいる

Lunch and Cafe陶之助+データ

茨城県笠間市笠間4036
電話番号:0296-73-0577
営業時間11:30~16:00(LO15:00)、㊏㊐㊗~17:00(LO16:00)
休日:㊡㊎・第3㊍
席数:28席(禁煙)
駐車場:20台(無料)


 

宇迦之御魂命を祀る五穀豊穣の古社
笠間稲荷神社

楼門を抜けた先にある拝殿は1960(昭和35)年の築造。年間約350万人が訪れる。

 社伝によれば651(白雉2)年創建と伝わるが、現在のように社殿が整えられたのは江戸時代中期以降という。本殿裏手には美術館もあり、中世を代表する古陶器を常設展示するほか、企画展も随時開催される。

鳥居前の「かさまカフェ」では4種のあんがカラフルな「花だんご」(1本¥150)が大人気

きつねみくじ300円。

底のシールをはがして赤いひもを引くと、中からおみくじが出てくる。手のひらサイズで置物にもなる

鳥居の両脇に店が軒をつらねる仲見世通り。神具や地元の名産品がずらりと並ぶ

笠間稲荷神社データ

茨城県笠間市笠間1
電話番号:0296-73-0001
営業時間:6:00~日没(時期により異なる)
休日:なし
料金:拝観無料、美術館(常設展)は大人300円、高校生・大学生200円、小・中学生100円
駐車場:115台(無料、期間により有料の場合あり


 

自社ブランドをはじめとした全国の陶芸作品を扱う専門店
きらら館

ギャラリーが点在する道沿いに立つ

 笠間焼・益子焼を中心に、全国の陶芸作家約700名の作品を展示販売。マンスリー展やギャラリー展など季節ごとに替わるディスプレイも見どころ。デザインと機能性を備えた笠間焼伝統工芸士の作品も手に入る。

和洋中すべての料理が映える「Toshiko Brand」の白い器シリーズは330円~。高温で長時間焼くため丈夫で割れにくく、食洗器にも対応

ネコ形豆皿495円など種類豊富

陶製の鳥や動物が愛らしい「陶の動物園」シリーズ。1万1000円

8800円

きらら館データ

茨城県笠間市笠間2258-1
電話番号:0296-72-3109
営業時間:10:00~17:00
休日:なし
駐車場:50台(無料)


 

季節に合わせた〝変わり湯〞も!常陸の山々を望む立ち寄り湯
笠間市いこいの家はなさか

広々とした館内には50名収容の大広間が。

 涸沼川の程近くに位置する日帰り入浴施設。2か所ある大浴場には、人工温泉、泡湯、薬湯などがあり、共に露天風呂を併設。1週間ごとに男女が入れ替わる。大広間や貸切の個室も完備し、ゆっくり休むことができる。

八角形をした大浴場の中心にある人工温泉。弱アルカリ・ミネラル泉で、疲労回復 に効能あり

景観も楽しめる露天風呂

茨城産美明豚や地物野菜など地元の食材を使ったメニューも味わえる

笠間市いこいの家はなさかデータ

茨城県笠間市橋爪586-4
電話番号:0296-77-5110
営業時間:9:00~21:00(入浴は~20:30)
休日:㊊(㊗の場合は翌日)
料金:中学生以上平日410円・休日510円、小学生300円、未就学児無料
駐車場:50台(無料)

 
 ドライブの際にぜひ立ち寄りたいSA・PA。今回は北関東道・笠間PA(集約)からイチオシ商品をご紹介。

茨城マロンブッセ
151円(1個)、756円(5個入り)
笠間市産の栗ペーストを使用。柔らかでさっくりとした食感のブッセに、濃厚な栗の甘味がベストマッチ。

茨城マロン入りカマンベールチーズケーキ
1188円(8個入り)
笠間PA限定商品。笠間市産の栗の風味が溶け合うチーズケーキにダイス状のチーズが絶妙なアクセント。

北関東道 笠間PA(集約)データ

北関東道 笠間PA(集約)
電話番号:0296-70-1250
住所:P22-D-2


※消費税率引き上げおよび軽減税率制度の導入に伴い、持ち帰ることも店内で飲食することも可能な商品は、「店内飲食」「持ち帰り」のいずれかで税率が異なります。くわしくは現地スタッフへお尋ねください。
※この記事はハイウェイウォーカー4月号から転載したものです。内容や取り扱いに変更がある場合があります。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。
※お出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットへのご協力をお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう