Highway Walker

  • Twitterアイコン

宮城県 栗原市・登米市 渡り鳥の聖地を訪ねてほっこり、クリスマスの旅

2021年11月24日 15時00分更新

 全国屈指の渡り鳥の越冬地を散策し、この地ならではのグルメ、温泉、イルミネーションを満喫。寒さが増すこの季節、宮城県北エリアで心がぽかぽか温まる一日を過ごそう。

大らかな自然と触れ合い光のアートにうっとり

 のどかな田園風景が心をなごませる宮城県北部。まずは渡り鳥の飛来地として知られる東北最大の低地湖沼「伊豆沼・ 内沼」へ向かい、水辺で息するマガンやハクチョウの姿を間近で見学しよう。ランチは伊豆沼の程近くにある「くんぺる農場レストラン」へ。自家製のハムやソーセージをメインとする創作料理を賞味したい。「とよま観光物産センター遠山之の里」では「油麩」や「はっと」などの地元名物を購入し、「長沼温泉ヴィーナスの湯」で多彩な風呂を堪能。最後は、「石ノ森章太郎ふるさと記念館」で”漫画の王様”石ノ森章太郎の足跡をたどり、開催中のイルミネーションを鑑賞して、帰途へ 。

水面に遊ぶ渡り鳥の姿に心癒されるひと時を
伊豆沼・内沼

羽を休めるハクチョウ

 多種多様な生き物が生息し、ラムサール条約の登録湿地に指定されている湖沼。冬は渡り鳥の聖地として知られ、ピークの1月にはおよそ10万羽のマガン、およそ3000羽のオオハクチョウを見ることができる。

近くには沼の豊かな自然について学べる「宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター」が。望遠鏡で鳥や植物の観察も可

 マガンの群れが朝焼けの空に向かっていっせいに飛び立つ瞬間は壮観!

写真提供:宮城県観光プロモーション推進室

住所 :宮城県栗原市築館・若柳、登米市迫町
   TEL0228-33-2216(宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター) 
料金 :見学自由
駐車場:宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター駐車場など(無料)

宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター
住所  :宮城県栗原市若柳上畑岡敷味17-2
営業時間:9時~16時30分(最終入館)
休日  :月曜(祝日の場合は翌日)
料金  :入館無料
駐車場 :70台(無料)

地元産ブランド豚で作る料理を伊豆沼のほとりで満喫
くんぺる農場レストラン

地元産「伊豆沼豚」を使った「伊豆沼豚香草ステーキ ライスセット」1848円

 風味豊かで舌触りがよい自社ブランドの「伊達の純粋赤豚」や、本場ドイツの技術を手本に添加物を控えて作り上げた「伊豆沼ハム」。 これらをメインに、地元の旬の野菜を盛り込んだ料理が味わえる。

さまざまな自社製加工肉を食べ比べできる「ジャンボンブランとソーセージのグリル」 1628円

ゆったりと食事が楽しめる雰囲気も魅力

およそ1㎏の「骨付きげんこつハム」は クリスマスにぜひ。店内飲食5500円(要予約)。取り寄せも可

木のぬくもりあふれる店内。隣の直売所では野菜やブランド豚などの地場産品を販売

住所:宮城県登米市迫町新田前沼149-7
   TEL0220-28-3131
営業時間:11時~15時、16時30分~20時(LO19時30分)
休日  :なし
席   :54席(禁煙)
駐車場 :50台(無料)

新鮮野菜からスイーツまで登米のうまいもんが集結!
とよま観光物産センター 遠山之里

 地元9社の「油麩」が並ぶ。いくつか購入し、食べ比べてみるのもおススメ

 レトロな歴史的建造物が残る”みやぎの明治村”登米市登米町にある観光拠点施設。小麦粉のタンパク質成分であるグルテンを植物油で揚げた「油麩」や小麦粉を練って作る「はっと」などの郷土の名産品がめじろ押しだ。

ご当地グルメと洋菓子がコラボした 話題の新商品「油麩丼?! ぷりん」1個237円

左より「はっと」2袋入り360円、「醤油まころんプレミアム」540円、「あぶら麩」2本入り450円

登米町の名物がそろい、おみやげ探しにピッタリ。施設内には観光案内所や食事処もあり

住所  :宮城県登米市登米町寺池桜小路2-1
     TEL0220-52-5566
営業時間:9時~17時(食事処10時~16時、食事提供時間は11時~14時30分LO)
休日  :なし
駐車場 :51台(無料)

長沼の美しい景色を眺めながら 心身共にぽかぽかに
長沼温泉ヴィーナスの湯

緑がかった湯は肌触りなめらか。窓から長沼が見渡せる 

 伊豆沼の南東、長沼のそばに立つ日帰り温泉施設。豊富な湯量を誇り、体の芯から温まると評判だ。趣向をこらした浴槽を備える「和風風呂」と「洋風風呂」を、それぞれ男女日替りで利用できる。

「和風風呂」には薬湯や低周波バス、「洋風風呂」には立湯や寝湯などを完備

自然に包まれた癒し空間だ

湯上がりに「シソジュース」426円や「ハスの葉茶」315円を。美容液や入浴剤なども販売

住所  :宮城県登米市迫町北方兵粮120-1
     TEL0220-23-1126
営業時間:10時~20時50(最終受付20時)、フロア~20時、売店~20時30分、無料休憩室~17時
休日  :第3水曜日 
料金  :入館&入浴1日券 大人600円/3歳~小学生400円
     2時間券および17時以降 大人500円、3歳~小学生300円
駐車場 :50台(無料)

偉大な漫画家の業績に触れ色彩豊かな光の庭を散策
石ノ森章太郎ふるさと記念館

ロビーでは変身ポーズの仮面ライダーがお出迎え 

 『サイボーグ009』や『仮面ライダー』の生みの親である登米市出身の漫画家、石ノ森章太郎の記念館。前庭ではクリスマスの時季に合わせ、 「2021光のページェント」を開催。

生家のジオラマやトキワ荘の再現などを通し、”漫画の王様”の軌跡をビジュアル的に楽しく紹介

なまこ壁の和風の外観が目印

毎年恒例のイルミネーションイベント。3万5000球のLEDが木々や小川を彩り、幻想的な世界をつくり出す

住所  :宮城県登米市中田町石森町132
     TEL0220-35-1099
開館時間:9時30~17時(最終入館16時)
※「2021光のページェント」は12月1日~25日、17時~22時
休館  :月曜日(祝日の場合は翌日)
料金  :入館&特別企画展観覧 大人700円、中学・高校生500円、小学生200円
駐車場 :50台(無料)

SA・PA Break Time
東北道 菅生PA(上り)

 SA・PAでご当地商品をチェックするのも車の旅の醍醐味。今回は東北道・菅生PA上り線の人気商品を紹介!

仙台みそ 1296円(樽入り800g)

 昔ながらの製法で醸造された、大豆の旨味や深い香りを楽しめる長期熟成味噌。樽入りなので贈り物にも◎。

梵てんまる 天丸ゆべし生さぶれ 1188円(10枚入り)

 伊達政宗の幼名を冠した銘菓。ゆべしのもっちり食感とサブレのしっとり食感、クルミの香ばしさが絶妙だ。

TEL0224-83-2918
MAP:P24-E-13

※消費税率引き上げおよび軽減税率制度の導入に伴い、持ち帰ることも店内で飲食することも可能な商品は、「店内飲食」「持ち帰り」のいずれかで税率が異なります。詳しくは現地スタッフへお尋ねください。
※掲載の情報は2021年10月時点のものです。メニュー・商品の内容や取り扱い、営業時間に変更がある場合があります。
※おでかけの際は事前に体温を測定し、体調不良等がある場合は外出を控えてください。※マスク着用など感染拡大防止にご協力ください。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう