Highway Walker

  • Twitterアイコン

海をおおう流氷に感動! 厳寒の網走ドライブ!

2022年01月25日 15時00分更新

 オホーツク海の冬の風物詩、海原をおおい尽くす流氷を眺めに厳冬期の網走をドライブ!港町の海鮮グルメや駅舎を利用した雰囲気抜群の喫茶店など、注目スポットも巡ってみよう。

季節限定の絶景が待つ真冬のオホーツク海へ

 今回は、神秘的な流氷風景を求めて網走エリアをドライブ。旭川紋別道・遠軽ICから網走方面へ向かい、さっそく「網走流氷観光砕氷船 おーろら」に乗船。船上から、見渡す限りに広がる流氷を観賞しよう。昼食は「オホーツク産直市場かにや」で、海鮮丼や釣りキンキの塩焼きに舌鼓。食後、オホーツク海沿岸を南下し「uminoba」へ。食品や雑貨などオホーツク地区の名品を手に入れたい。続いて駅舎内にある「軽食&喫茶トロッコ」で懐かしのソーダフロートやパフェを堪能。最後は「モヨロ貝塚館」でオホーツク文化の世界に触れ、網走ドライブを締めくくろう。

神秘的な流氷の海原を巡る厳寒期ならではのクルーズ体験
網走流氷観光砕氷船 おーろら

約60分かけて、流氷におおわれた網走沖を巡航。流氷がない場合は、 能取岬までの海上遊覧となる。当日の流氷状況は事前に確認を

 オホーツク海を真っ白に埋め尽くす流氷を砕きながら、網走沖をクルージング。迫力ある砕氷音と衝撃を感じながら、流氷を間近に観賞できる。運がよければ、アザラシなどの野生動物が見られることも。

デッキでオホーツクの風を感じながら観賞しよう

2月中旬~3月上旬の金、土、日曜はサンセットクルーズも運航

網走市南3東4-5-1(乗船場)
TEL:0152-43-6000(道東観光開発)
時間:9時~15時30分の間で1日2~6便運航 ※月ごとに変動あり 
定休日:期間中なし ※流氷観光砕氷船の運航は1/15~4月上旬(流氷の状況などで変動、海上状況などで欠航の場合あり)
料金:乗船:大人(中学生以上)3500円、小学生1750円、未就学児無料 ※特別席+400円
駐車場:106台(無料)

脂がのった釣りキンキや毛ガニ 北海道の海の幸を存分に味わう
オホーツク産直市場かにや

イクラやボタンエビ、ホタテ、サーモンなどの北海の幸がたっぷり味わえる「特選海鮮丼」(2800円)

 カニ各種やサケ、魚卵などを扱う北海道海産物の直売店。併設の「番外地食堂」では、漁師から直接仕入れる釣りキンキをはじめ、茹で毛ガニや海鮮丼、カニがのる特製ラーメンなど、オホーツク海の港町らしい味覚が堪能できる。

食堂はテーブル席のみ。2階にも満席時や小グループ向けの席を用意する

網走刑務所の真向かいに立つ

網走を代表する高級魚「釣りキンキ」の塩焼き単品4500円

毛ガニから出る旨味たっぷりのダシがスープを引き立てる「特製毛 がにラーメン」(1500円)

網走市大曲1-13-6
TEL:0152-67-5550
時間:9時~16時(LO15時30分)
定休日:不定
席数:20席(禁煙)

豊かな環境から生み出されるオホーツクの“いいもの”を発信
uminoba

「キーホルダー」(手前/1個1320円)など置戸町オケクラフトの木工品

 21年5月にオープンした、オホーツクの食と生活雑貨のセレクトショップ。木工品や調味料、乳製品など、約50の生産者が手がける厳選商品がそろう。地元食材のハンバーガーやドリンクなどテイクアウトグルメも人気。

「おひさまもち麦」(右/300g540円)や「長イモ ゴロゴロキムチ」(手前/250g490円)など食品も充実

「芝桜牛ローストビーフバーガー」(800円)と「uminobaラテ」(550円)

店内ではオホーツクの名品をきれいにディスプレイ。4席ながらイートインスペースもある 

国道391号に面しており、冬には道路越しに流氷が見られる

網走市藻琴14-1
TEL:0152-61-7870
時間:10時~18時(フードLO17時)
定休日:不定
席数:4席(禁煙)
駐車場:20台(無料)

心安らぐレトロムードの中、懐かしのデザートでひと休み
軽食&喫茶トロッコ

たっぷりの生クリームとアイスの下に、牛乳とコーンフレークが入っている「田舎パフェ」(500円)は、すっきりとした甘さ

 1924(大正13)年開業の藻琴駅舎を利用した、風情たっぷりの喫茶店。昔の駅事務所を改装した店内で、「流氷ラーメン」(1200円)などの食事メニューをはじめ、サイフォンで落とすコーヒー(400円)やパフェなどが味わえる。

昔懐かしい「ソーダフロート」(右)と「コーラフロート」(各480円)

扇風機や信号機など、国鉄時代の備品が飾られた店内

建物はほぼ建築当時のまま

タイミングが合えば、ホームに入ってくる列車を店内から眺められる

網走市藻琴 JR藻琴駅内
TEL:0152-46-2750
時間:10時~17時(フードLO16時30分)
定休日:不定
席数:22席(禁煙)
駐車場:15台(無料)

モヨロ貝塚の人々の暮らしを見応えある展示でひもとく
モヨロ貝塚館

住居内の再現展示で、1,300年前の人々の暮らしを体感できる

 網走川の河口で発見された約1,300年前のオホーツク文化の遺跡「モヨロ貝塚」のガイダンス施設。「住居」「墓」「貝塚」などテーマごとの展示で、北の海に生きた先人の営みを紹介する。

モヨロ貝塚で発掘された、オホーツク文化で最も尊ばれたクマを表した石像

土器や装身具など、貴重な出土品の数々

モヨロ貝塚の実際の貝塚地層断面。海獣狩猟民であった人々の痕跡が詰まっている

モヨロ貝塚に隣接。地下1階、地上2階の3フロアで貝塚に関するさまざまな資料を展示する

網走市北1東2
TEL:0152-43-2608
時間:9時~16時 ※5~10月は~17:00
定休日:月曜、祝日 ※7~9月はなし、4~5月のGW、10~11月の祝日は開館
料金:入館 大人300円、高校・大学生200円、小学・中学生100円、未就学児無料
駐車場:20台(無料)

※消費税率引き上げおよび軽減税率制度の導入に伴い、持ち帰ることも店内で飲食することも可能な商品は、「店内飲食」「持ち帰り」のいずれかで税率が異なります。詳しくは現地スタッフへお尋ねください。

※掲載の情報は2021年12月時点のものです。メニュー・商品の内容や取り扱いに変更がある場合があります。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう