Highway Walker

  • Twitterアイコン

「塊」に込められた作者の思いを感じ取ろう! 秋田県立近代美術館にて企画展「近美彫刻セレクション-塊の生命力-」4月17日まで開催【秋田自動車道 横手ICより車で約1km】

2022年04月07日 12時00分更新

 秋田県立近代美術館は4月17日まで、企画展「近美彫刻セレクション-塊の生命力-」を開催中。

 同館に収蔵されているおよそ200点の彫刻作品から、舟越保武、峯田敏郎、高田博厚、皆川嘉博など、近現代の彫刻作家の作品をセレクトして展示する。

 「塊」の芸術である彫刻は、作家の思想や生き様、コンセプトといった要素と、モチーフや素材、技術が複雑に絡み合い作品として生み出された。ブロンズや石膏などの多彩な素材で表現され、作家の思いが込められた立体の生命力と美しさを、さまざまな角度から鑑賞することができる。

企画展「近美彫刻セレクション-塊の生命力-」
開催期間:4月17日まで
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
観覧料 :無料
イベント情報:https://common3.pref.akita.lg.jp/kinbi/5ftenji.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう