Highway Walker

  • Twitterアイコン

「本をめくる」楽しみを見つけよう! 太田市美術館・図書館にて「めくる、ひろがるー武井武雄と常田泰由の本と絵とー」5月29日まで開催【北関東自動車道 太田桐生ICより車で約4km】

2022年04月21日 14時30分更新

 太田市美術館・図書館は5月29日まで、本と美術の展覧会vol.4 「めくる、ひろがるー武井武雄と常田泰由の本と絵とー」を開催中。

 2017年から開催してきた「本と美術の展覧会」シリーズの第4弾。本における重要な要素である、「めくる」動作に着目し、童画家・武井武雄(1894-1983)と版画家・常田泰由(1980-)の作品を紹介。

 日本において子どものための絵画を「童画」と名付け推進した武井武雄は、本にまつわる美術を多数手がけている。子ども向け絵雑誌の絵画をはじめ、本の装幀や、多様な素材と技法を駆使し、こだわりぬいて制作された刊本作品。いずれも本の内容と絵やデザインとが溶け合いひとつになることが目指されている。

 一方、常田泰由は身の回りにあるかたちを見つめ、そのドローイングから版画、ペインティング、コラージュ、そして本など、多様な展開を見せている。近年多数制作している本の作品は、断片的なイメージが寄せ集められ、綴じられ、そしてぱらぱらとめくられることで単一の平面作品では得られない効果を生み出す。

 本展では、武井武雄と常田泰由の本の作品をはじめ、版画や水彩画、コラージュ、インスタレーションなどを展示します。各展示室では作品がめくられていく映像も観覧できる。

本と美術の展覧会vol.4 「めくる、ひろがるー武井武雄と常田泰由の本と絵とー」
会場  :太田市美術館・図書館 展示室1、2、スロープ
会期  : 5月29日まで
 ※前期3月5日~4月24日/後期4月27日〜5月29日
 ※前期と後期で武井武雄作品の展示替えが行なわれる
開催時間:10時~18時(展示室への入場は17時30分まで)
休館日 :月曜日、4月26日
観覧料 :300円
 ※団体料金あり
 ※太田市美術館・図書館カード、ふらっと両毛 東武フリーパスの提示、高校生以下および65歳以上、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳の交付者およびその付添人1人は無料
 ※おおた家庭の日(第1日曜日)は中学生以下の子ども同伴の家族無料
イベント情報:https://www.artmuseumlibraryota.jp/post_artmuseum/8684.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう