Highway Walker

  • Twitterアイコン

ジブリの歴史を辿ろう! マルホンまきあーとテラスで6月19日より「アニメージュとジブリ展」を開催【三陸自動車道 石巻女川ICより車で約2.5km】

2021年05月28日 13時50分更新

 マルホンまきあーとテラス(石巻市複合文化施設)では6月19日より、「アニメージュとジブリ展」を開催する。

 本展では鈴木敏夫氏が編集した1989年11月号までの12年弱にわたる「アニメージュ」をもとに、「機動戦士ガンダム」(1979)を軸としたアニメブームから「風の谷のナウシカ」(1984)の成功、そしてスタジオジブリ誕生と「天空の城ラピュタ」(1986)までを振り返りかえる。

 また、同誌を作るうえで確立していった鈴木流のプロデュース術とはどういうものであるか、それがのちの作品制作にどのような影響を与えたのか、スタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫氏の「編集者」としての「もう一つの仕事」に着目。

 そのほか、鈴木敏夫とアニメージュが日本だけでなく世界のアニメーションの歴史と昨今の日本文化に与えた影響も紹介されるという。

アニメージュとジブリ展

期間:6月19日~9月12日
場所:マルホンまきあーとテラス
開館時間:10時~17時(8月11~15日は10時~18時まで/土日祝、8月11~13日は日時指定制)
休館日:毎週月曜(8月9日月曜の祝日は開館/翌10日は閉館)
料金:一般/当日1500円(1300円)
   中・高校生/当日1000円(800円)
   小学生/当日800円(600円)
   ※()内は前売り料金。
公式サイト:https://animage-ghibli.jp/

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう