Highway Walker

  • Twitterアイコン

同館初公開の北斎の肉筆画も展示! 髙井鴻山記念館にて春季特別展「鴻山と北斎 北斎とつながる小布施」6月22日まで開催【上信越自動車道 小布施PA-小布施スマートICより車で約2.5km】

2022年06月02日 12時00分更新

 髙井鴻山記念館は6月22日まで、春季特別展「鴻山と北斎 北斎とつながる小布施」を開催中。

 髙井鴻山は北斎の人間性、絵画の力量を見抜き、上町・東町の祭屋台の天井画や岩松院の八方睨み鳳凰図などを描いてもらうために北斎を小布施に招いた。今回の展示は、北斎との交流を伝える手紙や、毎日描いていた「日新除魔図」、岩松院八方睨み鳳凰図の下絵、北斎筆の領収書、同館初公開となる北斎の肉筆画など、北斎と小布施のつながりが分かる作品・資料を展示する。

春季特別展「鴻山と北斎 北斎とつながる小布施」
会期  :3月18日~6月22日
開館時間:9時~17時
入館料 :大人300円/高校生150円/中学生以下無料
イベント情報:https://www.town.obuse.nagano.jp/site/takaikouzan/docs/46660.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう