Highway Walker

  • Twitterアイコン

科学と芸術が融合した不自然な植物アート! 角川武蔵野ミュージアムにて特集展示「不自然(マンメイド)な植物展」7月31日まで開催【関越自動車道 所沢ICより車で約3.5km】

2022年06月09日 15時30分更新

 角川武蔵野ミュージアムは7月31日まで、特集展示「不自然(マンメイド)な植物展」を開催中。

 植物の驚くべき神秘と生命力に感化されて制作された植物アートを取り上げる展示会。アーティストの視点や作為が加わったマンメイドな植物はどれも何かが極端で、誇張された、いわば不自然な植物。しかし、そこには科学と芸術が融合した時にだけ生じるワンダーな魅力が満ち溢れている。7人のアーティストが植物とコラボレーションして作り出した不自然な植物。光合成と想像力がむすんだ植物造形の美の世界を楽しめる。

特集展示「不自然(マンメイド)な植物展」
開催期間:7月31日まで
開館時間:10時~18時(金・土 10時~21時)※入館締切閉館30分前
休館日 :毎月第1・第3・第5火曜日(祝日の場合は開館・翌日閉館)
会場  :角川武蔵野ミュージアム4F 荒俣ワンダー秘宝館
観覧料金:大人(大学生以上)1200円/中高生1000円/小学生800円
 ※スタンダードチケット(本棚劇場含む有料エリアに入場可能)
イベント情報:https://tokorozawa-sakuratown.com/event/manmade.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう