Highway Walker

  • Twitterアイコン

芭蕉が詠んだ紅花を見よう! 山形県天童市にて「令和44年度第35回おくのほそ道天童紅花まつり」7月2日~7月10日開催【東北中央自動車道 天童ICより車で約7km】

2022年06月23日 14時30分更新

 山形県天童市にて7月2日~7月10日、「令和4年度第35回おくのほそ道天童紅花まつり」が開催される。

 松尾芭蕉が元禄2年(1689年)の7月13日に天童の地を訪れ、「まゆはきを俤(おもかげ)にして紅粉の花」と「行く末は誰が肌ふれん紅の花」と詠んでいる天童の紅花が、上貫津の紅花畑に咲き誇る。およそ1万本の紅花が満開を迎えると、紅花畑一面が鮮やかに染まる。

 太鼓の演奏会や紅花染め・紅花すり染め体験、紅花写真撮影会・紅花写真コンテストといったさまざまなイベントが開催される。

令和4年度第35回おくのほそ道天童紅花まつり
開催日時:7月2日~7月10日
場所  :じゃがらむら天友庵、上貫津紅花畑
イベント情報:https://www.city.tendo.yamagata.jp/tourism/kanko/event-summer_okuno.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう