Highway Walker

  • Twitterアイコン

人の一生について考える― 軽井沢ニューアートミュージアムで開館10周年記念特別展「さまざまな人生ー 生と死、よろこびと悲しみ」を開催中【上信越自動車道 碓氷軽井沢ICから約10km】

2022年08月23日 15時30分更新

 長野県の軽井沢ニューアートミュージアムでは、10月30日まで開館10周年記念特別展「さまざまな人生ー 生と死、よろこびと悲しみ」を開催している。

 本展では、「人の一生」「生まれてから亡くなるまで」、「その間に起こる様々な事柄」について、作品を通じて考えてもらうことを目的としている。

 展示は古典的な名作から現代アーティストの最新作まで、年代、国、ジャンル、技法などを問わず様々な作品をピックアップした、オールスターのような展開だという。

開館10周年記念特別展「さまざまな人生ー 生と死、よろこびと悲しみ」

期間:10月30日まで
会場:軽井沢ニューアートミュージアム 第1~第6展示室(2階)
開館時間:7月~9月 10時~18時/10月~6月 10時~17時(入館は閉館30分前まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
料金:一般2000円/高大生1000円/小中生500円
   ※未就学児無料
   ※障がい者無料(付き添いの人1名は半額)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。 またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう