Highway Walker

  • Twitterアイコン

全国の花火師が三陸にて1万5000発以上の花火で競演! 高田松原運動公園で「三陸花火競技大会2022」を開催【三陸沿岸道路 陸前高田長部ICから約4km】

2022年09月01日 17時30分更新

 岩手県の高田松原運動公園では10月8日、「三陸花火競技大会2022」を開催する。

 「三陸から元気と笑顔を届けたい」という想いから「みんなで夢を打ち上げよう。」をコンセプトに2020年10月にスタートした三陸花火。

 今回は東日本太平洋沿岸唯一となる花火競技大会で、1万5000発以上(尺玉200発以上)の花火で三陸の夜空を照らすという。

 さらに同大会では、大規模な花火エンターテイメントショーに加えて、全国23社が腕を競い合う競技部門も開催。23社の花火会社の審査を左右するのは、会場やオンラインで観覧している人たちとなる。

三陸花火競技大会2022

開催日:10月8日
会場:高田松原運動公園(岩手県陸前高田市)
開場時間:12時~21時(予定)
打ち上げ時間:18時~19時30分(予定)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。 またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう