Highway Walker

  • Twitterアイコン

いわきユナイト、「東北ぷりん」シリーズを発売。福島県のご当地プリンに加え、青森県、秋田県、宮城県のプリンも販売【東北自動車道のサービスエリア】

2021年04月16日 18時20分更新

 いわきユナイトは4月5日、東北デスティネーションキャンペーン(以下:東北DC)に合わせて、東北6県の特産品を活かした「東北ぷりん」シリーズを発売中。

 東北DCは、東北6県の自治体や観光関係者とJR6社などが一体となって行なう大型の観光キャンペーンで、9月30日まで開催される。

 本シリーズは、いわき遠野らぱんが持つ、とろける食感でありながら長期保存・常温流通可能なプリンの製造技術と東北6県の特産品を掛け合わせ、東北DCのコンセプトでもある東北各県の力をかけ合わせて東北の大きな力にし、東北の魅力を発信することを目的としたもの。

 これまで開発してきた福島県のご当地プリンに加え、青森県のブランドとうもろこし「嶽きみ」を使用した「嶽きみプリン」、秋田県の「男鹿半島の塩」を使用した「男鹿半島の塩プリン」、宮城県の「塩竈の藻塩」を使用した「塩竈の藻塩プリン」の計3商品が新たに販売されている。

 価格はすべて410円/個で、販売はJR東日本関連店舗や東北自動車道のサービスエリア、東北地方にある道の駅、観光施設等のほか、同社が運営するECサイト「ふくしま!浜・中・会津のお取り寄せ」で行なわれる。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。
※お出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットへのご協力をお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう