Highway Walker

  • Twitterアイコン

ダリの所蔵作品と触発された日本人画家の作品を展示

諸橋近代美術館の企画展「Shock of Dali ショック・オブ・ダリ ~サルバドール・ダリと日本の前衛~」4月24日から開催【磐越自動車道 猪苗代磐梯高原ICより車で約15km】 

2021年04月22日 15時30分更新

 福島県の諸橋近代美術館で、ダリの所蔵作品とダリの作品から創作に影響を受けた日本の画家たちの作品を紹介する「Shock of Dali ショック・オブ・ダリ ~サルバドール・ダリと日本の前衛~」を4月24日から6月27日まで開催する。

 写実的な描写技術を駆使してイメージを自在に扱い、シュルレアリスムの造形芸術に新たな局面を開いたスペインの芸術家サルバドール・ダリ。本展では諸橋近代美術館所蔵のダリ作品を中心に、その特異で魅惑的な絵画世界を紹介するとともに、ダリの衝撃を最初に受け、それを自らの創作に活かした日本の画家たちの表現を検証し、日本における最初期のダリの影響の様相、日本のシュルレアリスム受容の一側面を明らかにしていくとのこと。

 本展は、同館所蔵のダリ作品からダリを知る第1部、日本でどのようにダリが認知されたかを解説する第2部、そしてダリに触発された1930~50年代の日本の画家の作品を紹介する第3部の構成で提供される。

 会期中は無休で、営業時間は9時30分から17時(入館は閉店時間の30分前まで)。料金は一般が1300円、高校・大学生が500円、中学生以下が無料。

諸橋近代美術館
福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093番23
アクセス:磐越自動車道 猪苗代磐梯高原ICより車で約15km
TEL:0241-37-1088

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう