Highway Walker

  • Twitterアイコン

厳選された最新の現代アートを見よう 富岡市立美術博物館「今どきアート」8月27日まで開催【上信越自動車道 富岡ICより車で約5km】

2021年07月07日 15時30分更新

 富岡市立美術博物館では7月3日より、I氏コレクション展「今どきアート スーパーフラットアート VS ニュー・コンテンポラリーアート」を開催している。

 富岡市在住のコレクター、I氏が所蔵するコレクションのなかから現在主流となっているスーパーフラットアート(アニメアート)と、近年台頭しつつあるニュー・コンテンポラリーアート(新・現代美術)を紹介。I氏によるギャラリートークを7月11日・8月8日に開催する。

 また、企画展示室ではI氏が選定した今後活躍が期待される30代から40代の若手作家5組(林茂樹、森洋史、高松和樹、美島菊名、three)の作品「今どきアート<The 5 Arts>」も同時開催。 

今どきアート スーパーフラットアート VS ニュー・コンテンポラリーアート
会期:7月3日~8月27日
観覧料:一般600円/大学・高校生400円/中学生以下無料
展覧会情報:https://www.city.tomioka.lg.jp/www/contents/1543978258528/index.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう