Highway Walker

  • Twitterアイコン

連続テレビ小説「おかえりモネ」の世界を体験! 気仙沼 海の市「UMI-ICHI ホヤぼーやホール」10月31日まで開催【三陸自動車道/本吉気仙沼道路 気仙沼港ICより車で約2km】

2021年10月19日 17時10分更新

 気仙沼の海の市「UMI-ICHI ホヤぼーやホール」にて「おかえりモネ」展を開催中。開催期間は10月31日まで。

 連続テレビ小説”おかえりモネ”の舞台、気仙沼での番組展。気仙沼編の出演者の天井まで届きそうな特大ビジュアルが来場者を迎えるほか、メインコーナーには、オープニング映像で印象的な「主人公モネが“なないろ”の布の中を駆け抜けるシーン」の撮影で実際に使用された布を大胆にあしらい、「モネなりきりフォトスポット」を設置。また、脚本家の安達奈緒子さんや、制作に関わった方々のコメント、出演者へのインタビューなど、放送では語られることのない「番組制作の裏話」とともに「おかえりモネの世界」を楽しむことができる。

「おかえりモネ」展
開催期間:10月31日まで
開催時間:8時30分~17時(予定)
入場  :無料
会場  :UMI-ICHI ホヤぼーやホール
     宮城県気仙沼市魚市場前 7-13 気仙沼 海の市 2階
問い合わせ先:気仙沼市観光サービスセンター TEL0226-22-4560
イベント情報:https://kesennuma-kanko.jp/mone-exhibition/

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう