Highway Walker

  • Twitterアイコン

胆江地方を代表する画家の作品を紹介! 牛の博物館、企画展「胆江の近代画家たち」4月10日まで【東北自動車道 平泉前沢ICより車で約2.4km】

2022年03月28日 16時00分更新

奥州市 牛の博物館

 奥州市 牛の博物館では、郷土の企画展「胆江の近代画家たち ―五味清吉と佐々木精治郎を中心に―」を4月10日まで開催中。

 胆江地方を代表する画家である、五味清吉、佐々木精治郎らは、岩手県で初めて専業の画家として活躍した世代。彼らは明治時代に生まれ、近代的な美術教育を受け、大正期に精力的に作品を制作していた。

 本企画展では、胆江地方を代表する五味、佐々木の作品を中心に、同時代に活躍した地元画家の作品を展示し、大正から昭和へとうつりかわる時代における岩手県内での近代絵画の動向を紹介する。

郷土の企画展「胆江の近代画家たち ―五味清吉と佐々木精治郎を中心に―」
会場:牛の博物館 企画展示室
期間:4月10日まで
休業日:月曜日(月曜日祝日の場合は翌日休館)
時間:9時30分~17時(ただし入館は16時30分まで)
料金:一般400円、学生(高校生以上)300円、小・中学生200円、小学生未満無料
   ※障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳等を持つ人は、本人および介助者1名について入館料が免除となる。
   ※奥州市・金ケ崎町・北上市・西和賀町の小・中学生は入館料が無料。
   ※土曜日は奥州市内の高校生は入館料が全額免除。
住所:岩手県奥州市前沢字南陣場103-1
最寄り:東北自動車道 平泉前沢ICより車で約2.4km
TEL:0197-56-7666

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう