Highway Walker

  • Twitterアイコン

酒田市美術館で企画展「今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界」5月22日より開催【日本海東北自動車道 山形区間 酒田ICより車で約4km】

2021年05月21日 15時00分更新

 山形県の酒田市美術館で、「里山」をテーマに独自の取材を続ける写真家・切り絵作家の今森光彦氏の企画展「今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界」を5月22日より開催する。

 本展覧会は、酒田市美術館と土門拳記念館による共同企画展で、酒田市美術館では、蝶々やカブトムシなどの昆虫をはじめ、今森氏の里山に棲む様々な生き物たちや植物、世界中を旅して出会った動物たちのシリーズなど、魅力あふれる切り紙の世界を紹介する。

 会期は5月22日~7月9日。開館時間は9時~17時(最終入館は16時30分)。料金は、一般900円、高校生450円、中学生以下無料。

酒田市美術館
住所:山形県酒田市飯森山3丁目17−95
最寄り:日本海東北自動車道 山形区間 酒田ICより車で約4km
TEL:0234-31-0095

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう