Highway Walker

  • Twitterアイコン

杜の都の奥座敷で遊び“日本一の七夕”を楽しむ旅

2022年07月20日 15時00分更新

写真提供:仙台七夕まつり協賛会
(写真は19年の仙台七夕まつり)

 仙台の奥座敷・秋保温泉とその周辺で名刹や自然に触れ、グルメや温泉を満喫し、藩政時代から続く伝統の「仙台七夕まつり」に感動。充実した夏の一日を過ごそう!

温泉地に涼を求め 優雅な祭りにうっとり

 夏といえば、やはり夏祭り。今回は“日本一の七夕”と称される「仙台七夕まつり」を満喫するドライブに出かけよう。

 まずは、仙台市北西部へ向かい、縁結びの寺「定義如来西方寺(じょうぎにょらいさいほうじ)」へお参りし、名物の「三角定義あぶらあげ」に舌鼓。続いて仙台を代表する温泉地・秋保へ。日本の滝百選に選ばれた「秋保大滝(あきうおおたき)」でマイナスイオンを浴びリフレッシュ。地場食材満載のランチが自慢の「アキウ舎」でおなかを満たし、「天然温泉 市太郎の湯」で汗を流したあとは、いよいよ「仙台七夕まつり」へ。

 仙台市街を中心に、色とりどりの豪華絢爛な七夕飾りが彩る3日間。そのきらびやかさをしっかり心に刻みたい。

縁結びで知られる浄土宗の寺院 自然に満ちた境内を巡ろう
定義如来西方寺

平貞能(さだよし)にちなんだ平家落人伝説が残る寺。荘厳な雰囲気漂う大本堂にはご本尊の阿弥陀如来が安置されている

 仙台市北西部に位置し、およそ800年の歴史がある寺。地元では「定義さん」の名で親しまれている。縁結びや子宝・安産にご利益があるとされ、参拝者が絶えない。総青森ヒバ造りの五重塔など見どころも豊富だ。

緑あふれる境内の散策もオススメ。登録有形文化財の御廟(ごびょう)貞能堂にもお参りしよう

「ご縁結び絵馬」1000円。願をかけて奉納しよう

門前には飲食店が並ぶ。「定義とうふ店」には大人気のご当地グルメ「三角定義あぶらあげ」1枚130円が。揚げたては絶品!

宮城県仙台市青葉区大倉上下1
TEL:022-393-2011
営業時間:8時~16時15分
定休日 :なし
駐車場 :700台(無料)

宮城県仙台市青葉区大倉下道1-2 
TEL:022-393-2035
営業時間:8時~16時
定休日 :不定
駐車場 :142台(無料)※定義駐車場利用

豪快に流れ落ちる名瀑 下から見上げる眺めは圧巻!
秋保大滝


遊歩道を徒歩20~30分下って滝つぼへ。飛沫や轟音が間近に迫り、圧倒されること間違いなし! 

 幅6m、落差55m。国の名勝にも指定されている滝。轟音を立てて垂直に落下する様子は迫力満点だ。滝見台から見下ろせるほか、遊歩道を下りて滝つぼ近くまで行くことも可能。マイナスイオンをたっぷり浴びよう。

滝見台までは駐車場から歩いて5分程度。上か
らでもその迫力を存分に体感することができる

滝見台への道中には緑に囲まれた「秋保大滝不動尊」が鎮座する

参道の出店を眺めて歩くのも楽しい

宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝
TEL:022-398-2323(秋保温泉郷観光案内所)
営業時間:見学自由
駐車場 :220台(無料)

秋保の魅力を発信する古民家カフェ&レストラン
アキウ舎


大屋根が印象的な外観。店内には地元作家の陶芸やガラス作品などが並ぶ販売コーナーもあり


 築160年以上の古民家をリノベーションしたカフェ&レストラン。地元の野菜を使ったランチや特産の"秋保石"をモチーフにしたスイーツなど、趣向をこらしたひと皿に出合える。落ち着きのある店内のほか、緑に包まれたガーデン席も人気。

宮城県産森林どりと旬の野菜のロースト、ご飯、サラダがワンプレートにのった「アキウ舎ランチ」1375円。地元豆腐店の豆乳を使った冷や汁付き

「山元いちごとミックスベリーのスムージー」880円、「自家製ティラミス」715円

陽光射し込む明るい空間でゆったりと 

欄間や梁に往時の面影が残る店内。音楽やアートイベント、パーティなどにも利用されている

宮城県仙台市太白区秋保町湯元除9-4
TEL:022-724-7767
営業時間:11時~17時(ランチLO14時30分、カフェLO16時)
定休日 :火曜日
席   :およそ54席(ほか、ガーデン40席)禁煙
駐車場 :15台(無料)

露天風呂で開放感を満喫! 隣接する池泉(ちせん)回遊式庭園も見事
天然温泉 市太郎の湯

ヒノキの香りがかぐわしい内湯。天井が高く、開放感いっぱいだ。無色透明でクセのないお湯は体の芯まで温まると評判

 「天守閣自然公園」内にある日帰り温泉施設。ヒノキ造りの内湯と2つの露天風呂がある。館内の「そば処 市太郎」では多彩な「かき氷」460円~をラインアップ。クールダウンにぜひ。

庭園を背景に入浴できる露天風呂。爽快な気分に満たされるはず!

入浴者は隣接する「小屋館跡(こやだてあと)庭園」も散策可。秋保石の石組みと池を中心に配された風情豊かな庭園だ

園内には自然景観を活かした足湯も

宮城県仙台市太白区秋保町湯元源兵衛原10 
TEL:022-398-2111(天守閣自然公園) 
営業時間:10時~17時
 ※土日祝10時~17時30分(最終受付は閉店60分前)
 ※季節により変動あり 
定休日 :第3金曜日(8、10月は無休)
料金  :入浴 大人800円/中学生730円/4歳~小学生400円/1~3歳200円
駐車場 :100台(無料)

“日本一”を誇る七夕の祭典 美しい笹飾りを観賞
仙台七夕まつり

華やかな七夕飾りを目に焼き付けよう

 仙台藩祖・伊達政宗公の時代から続く優美な伝統行事。竹と和紙で作られた彩り豊かな吹き流しの七夕飾りが仙台駅前から中央通り、一番丁通りの商店街に飾り付けられ、人々の目を喜ばせてくれる。

周辺の商店街にも昔ながらの素朴な笹飾りがお目見えする

開催日前日の8月5日には前夜祭として「仙台七夕花火祭」が行なわれる。こちらも要チェック! 

写真提供:公益社団法人 仙台青年会議所

仙台七夕の特徴の一つ、「七つ飾り」。七夕飾りには必ず使われているので探してみよう!

開催期間:8月6日~8日 
開催場所:仙台市中心部および周辺地域商店街
TEL:022-265-8185(仙台七夕まつり協賛会)
駐車場 :近隣有料駐車場利用

SA・PA Break Time
東北道 菅生PA(下り)

 SA・PAでその土地の商品を選ぶのも旅の 楽しみの一つ。今回は東北道・菅生PA下り線から宮城名物をピックアップして紹介!

髙政のかまぼこ(各151円~)

上質な魚のすり身の旨味とプリプリ食
感が魅力。女川町の老舗の商品で、
高速道路で買えるのはここだけ!

金印白石温麺(8束入り1080円

白石市の名物「うーめん」。なかでも材料や熟成法にこだわり、もちもちの歯触りと上品な風味を追求した一品。

東北道 菅生PA(下り)
TEL:0224-83-2915 
MAP:P24-D-13

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう