Highway Walker

  • Twitterアイコン

実り豊かな秋の魚沼で米ざんまいの旅!

2022年10月20日 15時00分更新

 日本随一のブランド米「魚沼コシヒカリ」の産地・魚沼エリアへ。自然の恵み豊かな地域で「米」をテーマに食や体験の人気スポットを巡り、日帰り温泉と峠のドライブも楽しもう。

スイーツもランチもお米の名産地ならでは

 収穫の秋、そして食欲の秋を迎え、今回は新潟の米どころでおいしい秋を探す旅へ。 米糀こうじを学んで食す「魚沼醸造・魚沼 糀サロン」では、糀甘酒や絶品スイーツに舌鼓。 水のよさという自然の恵みが、魚沼の食の源なのだそう。ランチは「にぎりめし てっぺん」で好みのおにぎりを。豊富な具材の味を生かすお米の品質の高さこそ、魚沼の誇りだ。お米のおいしさに満足したら、「つつみや八蔵」で体験とこだわりのギフト購入。歴史ある建物を生かした宿「ryugon」の温泉で旅の疲れを癒したあと、魚沼の景色を一望する「魚沼スカイライン」へ。紅葉ドライブを楽しみながら帰路に就こう。

越後三山の伏流水を使った米糀・糀甘酒の産地へ
魚沼醸造・魚沼 糀サロン

おいしい米と天然水に恵まれた魚沼の地に、広大な工場が立つ

 世界最大級の米糀工場の施設内に発酵食品の魅力を伝えるサロンが19年にオープン。 米糀をテーマにしたライブラリーや壁一面の窓からのどかな景色を眺められるカフェ、ショップなどを設けている。

天井が高く開放感抜群のサロン内

すっきりした甘さの糀甘酒をはじめ、さまざまな糀製品を販売

事前予約制の工場見学ではシアター上映も

糀甘酒ソフトクリームを添えたアップルパイ(400円)。糀甘酒で煮たリンゴを使用

糀を学ぶキッズコーナー

新潟県魚沼市十日町1791-10
TEL:0120-060-070
営業時間:10時~16時(工場見学10時30分~、11時30分~、13時~、14時30分~ ※要予約)
定休日:水曜日
料金:入館・工場見学無料、「糀甘酒石鹸づくりワークショップ」(事前予約制)1人1000円 ※最大8人まで
席数:カフェおよそ45席(禁煙)
駐車場:20台(無料)

日本人のソウルフード おにぎりの専門店
にぎりめし てっぺん

緑豊かな「魚沼の里」内にたたずむ、和テイストの店舗。テイクアウトもイートインもOK

 全国で20店舗を超えるおにぎり専門店を営む「ゆのたに」直営店。22年4月、八海醸造が運営する複合施設「魚沼の里」内にオープンした。南魚沼産コシヒカリを地元の名水で炊き上げた多彩なおにぎりが、常時20種類以上そろう。

左から「美雪ます味噌漬け」(250円)、「おぼろ昆布」(230円)、「梅ちりめん」(240円)。定番人気の具材に加えて季節限定商品も展開

天気のいい日はテラス席もおすすめ

甘味も販売。「和菓子セット(よもぎおはぎ・おはぎ)」(570円)

ウッディなデザインのイートインスペース

イートインメニューの「けんちん汁(小鉢付き)」(390円)

新潟県南魚沼市長森415-23
TEL:025-775-2800
営業時間:10時~17時
定休日:第2・4火曜日(12~翌2月は毎週火曜日)※祝日の場合は変更あり
席数:15席(禁煙)
駐車場:90台(魚沼の里第1~第3駐車場、無料)

和紙や水引の伝統的な美しさに魅了される
つつみや八蔵

店内にはつつみや八蔵オリジナルの水引飾りがずらり。色とりどりの「箸置き(2個入り)」(330円)

 和紙を使った伝統の折形の包みや、華やかな水引で彩るラッピングにこだわったギフトショップ。ワークショップコーナーでは和紙のぽち袋作りを予約なしで体験できる。食と酒の書籍を集めたライブラリー「八蔵資料館」も併設。

日本的な造りの店舗

風呂敷や和紙小物といった包み・飾り関連のほか、日本酒の八海山製品や発酵食品などのおみやげ商品も並ぶ

和紙1枚を使ったぽち袋作りは無料で体験可能。説明シートを見ながら簡単に折ることができる

月替りの色がすてきなオリジナルの水引飾り(各110円)

新潟県南魚沼市長森426-1
TEL:025-775-2975 
営業時間:10時~17時
定休日:なし
駐車場:90台(魚沼の里第1~第3駐車場、無料)

約200年前の館を移築した宿で日帰り湯♪
ryugon(リュウゴン)

大浴場の露天風呂。六日町温泉の湯に癒されよう

 地元の豪農の館や武家屋敷を移築しリノベーションした宿。日帰り湯にラウンジ利用が付いた「デイタイムラウンジサービス」を提供している。

内湯からも庭園の眺めを楽しめる

和モダンな造りのラウンジには、フリードリンク&スナックも用意

建築美と自然美を備える空間で旅情を満喫

施設内のカフェで人気の「アフタヌーンスイーツセット(2人分ドリンク付き)」(2310円)

新潟県南魚沼市坂戸1-6
TEL:025-775-2975 
営業時間:デイタイムラウンジサービス12時~15時、売店9時~18時、カフェ11時~16時30分(ラストオーダー16時)
定休日:なし(カフェは不定休)
料金:日帰り入浴料 中学生以上2750円、小学生以下1650円 ※バスタオル・フェイスタオルレンタル付き、ラウンジ利用込み
駐車場:30台(無料)

紅葉シーズンに訪れたい圧巻の大パノラマ!
魚沼スカイライン

 南魚沼市と十日町市の市境を尾根伝いに走る約20kmのドライブコース。展望台が5か所あり、眼下に雄大な景観が広がる、絶好の紅葉スポット。

魚沼の盆地とつらなる山々。各展望台からの眺めを見比べてみては

魚沼展望台に到着。空気がきれい!

紅葉の見ごろは例年10月中旬~11月上旬

夜景スポットとしても人気。街灯がないので夜間の走行は要注意

新潟県南魚沼市八箇峠~十日町市十二峠
TEL:025-783-3377(南魚沼市観光協会)
定休日:冬季閉鎖(通行可能期間5月上旬~11月上旬 ※ただし残雪や降雪の影響により変動あり)
料金:通行無料
駐車場:八箇峠見晴台8台、六日町展望台3台、護国観音展望台30台、十日町展望台10台、魚沼展望台10台(各無料) ※中型車以上は通行不可

関越道 越後川口SA(上り)

 SA・PAで地元商品をチェックするのも旅の楽しみの一つ。今回は関越道・越後川口SA上り線で人気の高いおみやげを紹介!

「錦鯉もなか(6個入り)」(1480円)

 錦鯉の形がかわいい最中。老舗菓子店の銘菓で、つぶあん、白あん、ゆずあん、抹茶あんの4種。甘さ控えめ。

「越後みそ餃子(15個入り・冷凍)」(980円)

 コクと辛さのある地元の越後味噌を使用。タケノコを加えることで旨味をアップさせている。同SA限定商品。

関越道 越後川口SA(上り)
TEL:0258-89-2100
MAP:P28-C-4



※消費税率引き上げおよび軽減税率制度の導入に伴い、持ち帰ることも店内で飲食することも可能な商品は、「店内飲食」「持ち帰り」のいずれかで税率が異なります。詳しくは現地スタッフへお尋ねください。
※掲載の情報は2022年9月時点のものです。メニュー・商品の内容や取り扱い、営業時間に変更がある場合があります。
※おでかけの際は事前に体温を測定し、体調不良等がある場合は外出を控えてください。 ※マスク着用など感染拡大防止にご協力ください。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう