Highway Walker

  • Twitterアイコン

標本づくりを体験! 群馬県立自然史博物館でサイエンス・サタデー「コハクで標本をつくってみよう」を実施【上信越自動車道 富岡ICから約5km】

2022年11月16日 16時45分更新

 群馬県富岡市、群馬県立自然史博物館では12月3日と10日にサイエンス・サタデー「コハクで標本をつくってみよう」を実施する。

 本イベントではコハクを割って、標本を作製する。その際、ヤスリ等を使用してきれいに仕上げる。小学生以上が対象で、最大12組20名程度。定員を超えた場合は抽選になる。参加費は無料。

12月サイエンス・サタデー「コハクで標本をつくってみよう」
開催日:12月3日、10日
時間:14時~15時(受付13時40分~13時55分)
対象:小学生以上(小学校3年生以下は保護者同伴)
定員:最大12組20名程度(定員を超えた場合は抽選となる)
参加費:無料(別途観覧券が必要)
※来館には事前の来館予約が必要。当日受付にてイベントを申し込む。来館予約だけではイベント受付にならないので注意。

来館予約はこちら
この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう