Highway Walker

  • Twitterアイコン

国登録有形文化財で七夕絵を見に行こう! 旧料亭金勇にて「彦星・織女」を8月24日まで展示中【秋田自動車道 能代南ICより車で約7km】

2021年08月10日 19時20分更新

 能代市の「旧料亭金勇」では7月17日より七夕画を展示中だ。

 七夕絵師の田村孝悦氏による「彦星・織女」をロビーにて展示中。展示期間は8月24日まで。

 旧料亭金勇は料亭金勇は、1890年に創業。木都能代を象徴する建物で、県内屈指の料亭として各種宴会や接待、婚礼などに広く使われた。現在の建物は1937年によって建てられ、1998年に国登録有形文化財に登録。2008年に閉店し、翌年に能代市に寄贈された建物。

能代市旧料亭金勇
見学時間:9時30分~16時30分
貸出時間:9時~21時(要予約)
休館日 :年末年始(12月29日~1月3日)
住所  :秋田県能代市柳町13-8
電話  :0185-55-3355(9時30分~17時)
入館料 :無料
イベント情報:http://www.kaneyu.jp/?page_id=8145

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう