Highway Walker

  • Twitterアイコン

ロマン溢れる古代エジプト人の謎に迫る! 仙台市博物館「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」9月5日まで開催【東北縦貫自動車道/東北自動車道 仙台宮城ICより車で約5km】

2021年08月25日 15時10分更新

 仙台市博物館は「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」を9月5日まで開催中。

 ヨーロッパ有数のエジプト・コレクションを所蔵しているオランダ・ライデン国立古代博物館コレクションより、人や動物のミイラ、棺、石碑、パピルスなど厳選された資料およそ250点を展示。古代エジプト人の生活や社会、死生観といった文明のさまざまな側面を解き明かすほか、科学技術を駆使した研究成果から判明した、古代エジプト人の医学的な知識やミイラ作りの過程、色や形に対する美意識といった最新の知見も紹介。

ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
開催期間:7月9日~9月5日
休館日 :毎週月曜日
開館時間:9時~16時45分(入館は16時15分まで)
     ※土曜日は9時~18時30分(入館は18時まで)
観覧料 :一般1600円、高校・大学生1400円、小・中学生900円
     ※平日割引、障害者・高齢者割引、キャンパスメンバーズなどの各種割引あり
     ※ローソンチケット(Lコード:22286)、セブンチケットでも当日券を購入可能
所在地:仙台市青葉区川内26番地(仙台城三の丸跡)
イベント情報:https://www.city.sendai.jp/museum/tenji/tokubetsuten/annai.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう