Highway Walker

  • Twitterアイコン

独学の創作木版画家「勝平得之」が生涯にわたって描き続けた秋田の自然、秋田県立近代美術館特別展「没後50年 勝平得之」2022年2月6日まで開催【秋田自動車道 横手ICより車で約1km】

2021年11月22日 13時00分更新

 秋田県立近代美術館は11月20日より、特別展「没後50年 勝平得之」を開催中。開催期間は2022年2月6日まで。

 勝平得之は秋田市出身の創作木版画家。二十歳の頃、こうもり傘の骨を研いだ自作の丸ノミで墨摺版画を始め、まもなく色摺版画を志す。独学で技法を学び、「日本創作版画協会展」への初入選を皮切りに帝展(帝国美術院展覧会)など数々の展覧会入選を重ねた。生涯にわたり描き続けたのは秋田の自然とそこに生きる人々の姿。特別展では得之の作品と関連資料を紹介する。

特別展「没後50年 勝平得之」
開催期間:11月20日~2020年2月6日
観覧料 :一般500円/大学生以下無料
     団体割引などあり
イベント情報:https://common3.pref.akita.lg.jp/kinbi/

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう