Highway Walker

  • Twitterアイコン

鶴岡アートフォーラムにて企画展覧会 「庄内の美術家たち17 昭和の日本画家 太田大仙子・真島元枝・成澤翠映」3月6日まで開催【山形自動車道 庄内あさひICより車で約14km】

2022年02月22日 16時00分更新

 鶴岡アートフォーラムは3月6日まで。企画展覧会 「庄内の美術家たち17 昭和の日本画家 太田大仙子・真島元枝・成澤翠映」を開催中。

 郷土の芸術文化史をたどり、庄内にゆかりのある作家を紹介する展覧会「庄内の美術家たち」シリーズ第17回。今回は、明治30年代から大正にかけて鶴岡に生まれ、昭和という時代に再興日本美術院展(院展)で活動した太田大仙子、真島元枝、成澤翠映を取り上げる。

 伝統的な日本画から現代的な日本画へと移り変わる時代に、新しい独自の画風による日本画の創作に取り組んだ3人の画家の作品、およそ30点を展覧する。

企画展覧会 「庄内の美術家たち17 昭和の日本画家 太田大仙子・真島元枝・成澤翠映」
会期  :3月6日まで
休館日 :月曜日
開場時間:9時~17時30分(入場は閉場の30分前まで)
観覧料 :一般200円/高大生100円/中学生以下無料
 ※団体料金あり
イベント情報:https://www.t-artforum.net/2021_r03nendo/host/gallery/shonainobijutuka17/index.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう