Highway Walker

  • Twitterアイコン

新潟県に生息するタナゴやイシガイについて知ろう! 新潟市水族館マリンピア日本海にて企画展示「新潟のタナゴ」6月12日まで開催中【新潟東西道路/国道8号 女池ICより車で約5km】

2022年06月07日 16時00分更新

 新潟市水族館マリンピア日本海は6月12日までの期間、企画展示「新潟のタナゴ」を開催中。

 生きた淡水二枚貝に産卵する生態や、オスの美しい婚姻色から、飼育や釣りの愛好家が多いタナゴ類だが、開発による生息環境の悪化にともなう二枚貝の減少などで急激に数を減らしていて、その保全が急務となっている。展示では、新潟県に生息するタナゴ類と、その産卵母貝であるイシガイ類を紹介。

企画展示「新潟のタナゴ」
開催期間:6月12日まで
開館時間:9時~17時(券売は16時30分まで)
会場  :本館1階 企画展示室
入館料金:大人1500円/小中学生600円/幼児(4歳から)200円/乳児(3歳まで)無料
 ※団体料金あり
 ※障がい者手帳などの提示による減免あり
イベント情報:https://www.marinepia.or.jp/event/20220318_16185.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう