Highway Walker

  • Twitterアイコン

東日本大震災による知られざるドラマを学ぼう! 気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館にてパネル展「それでも、下水は止められない」6月25日まで開催【三陸沿岸道路 大谷海岸ICより車で約5km】

2022年06月14日 18時00分更新

 気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館では6月25日まで、パネル展「それでも、下水は止められない。~東日本大震災・南蒲生浄化センターの知られざる闘い~」を開催中。

 仙台市沿岸部の宮城野区蒲生地区に位置する「南蒲生浄化センター」は、全国でも最大規模の下水処理施設。津波で壊滅的な被害を受けたその日から、南蒲生浄化センターでは気の遠くなるような闘いが始まっていた。施設で40年働き続ける職員など複数のインタビューをもとに、現場を知る人の言葉、写真、イラストでそのドラマを伝える。

パネル展「それでも、下水は止められない。~東日本大震災・南蒲生浄化センターの知られざる闘い~」
開催期間:6月25日まで
開催時間:9時30分~17時
展示会場:体験交流館ホール(ホール使用時はエントランス付近)
料金  :観覧無料
イベント情報:https://www.kesennuma-memorial.jp/event/detail.php?id=100

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう