Highway Walker

  • Twitterアイコン

身近な魚、サケについて知ろう! 上越市立水族博物館にて特別展「おかえりサーモン」12月12日まで開催【北陸自動車道 上越ICより車で約5km】

2021年11月22日 12時30分更新

 上越市立水族博物館 うみがたりは12月12日まで、特別展「おかえりサーモン」を開催。

 「鮭」の字の“圭”が「十一十一」を組み合わせてできることから11月11日は「鮭の日」。特別展「おかえり サーモン」では、さまざまな角度からサケの魅力を紹介。日本の食卓の定番「サケ」について紹介。サケ科魚類3種(サケ、ヤマメ、ニジマス)を展示し、それぞれの違いや特徴を実際に観察できるほか、さまざまな角度からサケ科魚類を追究しサケ科魚類の魅力や漁業組合、水産試験場等各所が行っている取り組みを紹介する。

特別展「おかえり サーモン」
開催期間:12月12日
場所1階 催事ホール
イベント情報:http://www.umigatari.jp/joetsu/32130/index.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう