Highway Walker

  • Twitterアイコン

東日本大震災の復興とともに発掘された考古学研究の成果を見よう! 南相馬市博物館にて令和4年度企画展 「震災復興と発掘調査」6月12日まで開催【常磐自動車道 浪江ICより車で約19km】

2022年05月27日 14時00分更新

 南相馬市博物館は6月12日まで、令和4年度企画展 「震災復興と発掘調査」を開催中。

 2011年に発生した東日本大震災からの10年間、市内の各所で復興事業をはじめとする開発事業が進められ、それに伴って遺跡の発掘調査も行なわれた。本企画展では、震災発生から今日までに行なわれた発掘調査の成果について紹介。

令和4年度企画展 「震災復興と発掘調査」
開催期間:6月12日まで
休館日 :毎週月曜日
観覧料 :一般400円/高校生200円/小・中学生100円
 ※観覧料には常設展観覧料を含む
 ※団体料金あり
 ※詳細は観覧案内を確認のこと
イベント情報:https://www.city.minamisoma.lg.jp/portal/culture/museum/tenji/kikakuten_tokubetsuten/r4/17508.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう