Highway Walker

  • Twitterアイコン

「身体」というモチーフを用いた3作家の、時代と形式を超えた協演! 山形県「文京の杜ながい」にて「Bodies|身体を巡る3つの視座」9月19日まで開催中【東北中央自動車道 米沢北ICから約25km】

2022年08月19日 18時00分更新

 山形県「文京の杜ながい」は9月19日まで、丸大扇屋・母屋にて「Bodies|身体を巡る3つの視座」を開催中。

 過去から現代に至るまで、その認識が目まぐるしく変容している「身体」というモチーフを用いて表現を実践する3作家の、時代と形式を超えた協演。

Artist
・皆藤 齋   KAITO Itsuki
・横田 勇吾  YOKOTA Yugo
・長沼 孝三  NAGANUMA Kozo
 

Bodies|身体を巡る3つの視座
開催日:9月19日まで
時間:10時~17時(入場は16時30分まで)
休館日:月曜、8月31日は休館
会場:文京の杜ながい 丸大扇屋・母屋
料金:無料
問い合わせ:一般社団法人 文教の杜ながい
イベント情報:https://www.bunkyounomori.com/bodies/

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう