Highway Walker

  • Twitterアイコン

多くの影響を残したアーティスト「タイガー立石」を振り返る! 埼玉県立近代美術館企画展「大・タイガー立石展 世界を描きつくせ!」2022年1月16日まで開催【東京外環自動車道/東北縦貫自動車道 外環浦和ICより車で約6km】

2021年12月07日 17時00分更新

 埼玉県立近代美術館は企画展「大・タイガー立石展 世界を描きつくせ!」を2022年1月16日まで開催中。

 絵画、漫画、イラストレーション、絵本など、さまざまなジャンルで活躍したアーティスト「タイガー立石」(本名・立石紘一/1941~98年)。そのスタイルは、世代を越えて今日の若いアーティストにも刺激を与え続けている。生誕80年を迎える2021年の節目に、埼玉県立近代美術館とうらわ美術館は本展を共同で開催し、タイガー立石という特異なアーティストを大規模に振り返る。

大・タイガー立石展 世界を描きつくせ!
会期:2022年1月16日まで
休館日:月曜日(2022年1月10日は開館)
    12月27日~2022年1月6日
開館時間:10時~17時30分(展示室への入場は17時まで)
観覧料:一般1100円/大高生880円
※団体料金あり
※中学生以下、障害者手帳などの提示で無料(付き添い1名含む)
※併せてMOMASコレクション(1階展示室)も観覧可能

とら割
埼玉県立近代美術館またはうらわ美術館で「大・タイガー立石展」の「一般」又は「大高生」の観覧券を購入すると2会場目の観覧料が200円割引
※2会場目の観覧券購入の際に1会場目で配布される「とら割券」(1枚につき1名のみ、1回限り有効)を提出(その他の割引との併用はできない)
イベント情報:https://pref.spec.ed.jp/momas/great-tiger-tateishi

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう