Highway Walker

  • Twitterアイコン

都民の足「山手線」の歴史を知ろう! 鉄道博物館「山手線展~やまのてせんが丸くなるまで~」2022年1月31日まで開催【東北自動車道 岩槻ICより車で約7km】

2021年12月20日 14時30分更新

 鉄道博物館 2021年秋の企画展「山手線展~やまのてせんが丸くなるまで~」を2022年1月31日まで開催中。

 1885(明治18)年に開業して以来、時代によってその役割を変えながら東京の主要部を結ぶ環状線となり、首都・東京の人々の生活を支える路線へと成長した山手線の歩みを紹介。埼玉県教育委員会と連携し、埼玉県立新座総合技術高等学校の生徒が参画。若い力とともに作り上げた、今までにない企画展となっている。

企画展「山手線展~やまのてせんが丸くなるまで~」
開催期間:10月9日~2022年1月31日
場所  :本館2F スペシャルギャラリー1
料金  :無料(※入館料のみで観覧可能)
イベント情報:https://www.railway-museum.jp/event/exhibition.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう