Highway Walker

  • Twitterアイコン

江戸・明治、現代まで学びの文化の移り変わりを知る! 仙台市歴史民俗資料館にて企画展「教科書でたどる仙台の教育文化~江戸・明治から現代~」4月29日~7月3日開催【仙台東部道路 仙台東ICより車で約6km】

2022年04月22日 14時30分更新

 仙台市歴史民俗資料館は4月29日~7月3日、企画展「教科書でたどる仙台の教育文化~江戸・明治から現代~」を開催する。

 仙台藩時代の武士の教科書から、明治の学制公布以降の教科書、そして戦時下、戦後すぐの墨塗り教科書、現代の教科書などおよそ200年の仙台における学びの文化の移り変わりとその意義を紹介。
 

企画展「教科書でたどる仙台の教育文化-江戸・明治から現代-」
開催日 :4月29日~7月3日
開館時間:9時~16時45分(入館は16時15分まで)
会場  :仙台市歴史民俗資料館
入館料 :一般・大学生 240円/高校生 180円/小・中学生 120円
 ※ 団体割引・友の会割引あり
イベント情報:https://ssbj.jp/event/7466/

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう