Highway Walker

  • Twitterアイコン

しみじみと味わう広重の風景画、茂木本家美術館にて企画展「広重の季節折々、津々浦々」を3月27日まで開催【常磐自動車道 柏ICより車で約8km】

2022年03月03日 16時00分更新

 茂木本家美術館では3月27日まで、企画展「広重の季節折々、津々浦々」を開催中。

 風景画の名手、歌川広重(1797-1858)の晩年期の傑作である「六十余州名所図会」を中心に、各地の山や海、川を描いた風景画のシリーズも併せて展示。 全国各地の風景の中に四季の移ろい、雨や雪などの天候も繊細に描いた広重の風景画を味わえる展示。

企画展 「広重の季節折々、津々浦々」展
開催期間:3月27日まで
開館時間:水曜~日曜10時~17時(月曜、火曜休館)
 ※入館は16時まで 
入館料 大人700円/小中学生 400円 
 ※団体受付休止中
所在地:千葉県野田市野田242
イベント情報:http://www.momoa.jp/exhibition1.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう