Highway Walker

  • Twitterアイコン

茨城県天心記念五浦美術館「おいでよ! 花鳥画の世界」4月17日まで開催【常磐自動車道 北茨城ICより車で約11km】

2022年03月07日 17時30分更新

 茨城県天心記念五浦美術館は4月17日まで、企画展「おいでよ! 花鳥画の世界」を開催中。

 美しい動植物をモチーフに、生命感あふれる表現がなされた花鳥画は、東洋画の主要ジャンルとして確立して日本の四季の中で育まれ、近代以降は西洋写実表現の影響や画家の個性が重要視されるなど、新たな展開を見せている。

 本展では、五浦の作家の一人である木村武山をはじめ、荒木寛畝に師事した荒木十畝、五島耕畝、永田春水、院展作家で現代日本画壇を牽引する那波多目功一や西田俊英など、茨城県近代美術館所蔵作品を中心とした花鳥画27点を紹介。

企画展「おいでよ! 花鳥画の世界」
開催期間:4月17日まで
休館日 :月曜日(3月21日は開館、3月22日は休館)
開館時間:9時30分~17時(入場は16時30分まで)
入場料 :一般420円/満70歳以上210円/高大生210円/小中生160円
※団体料金あり
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳または指定難病特定医療費受給者証を持参者および付き添い(1人につき1人まで)は無料
※春休み期間を除く土曜日は高校生以下無料
イベント情報:http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/02_tenrankai/01_kikaku.html

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう