Highway Walker

  • Twitterアイコン

レトロ情緒にうっとり 小樽クリスマスドライブ

2022年11月21日 15時00分更新

 風情漂う古い建物が立ち並ぶ雰囲気満点の街並みが、雪化粧でよりいっそうロマンチックに。定番観光地や歴史的建造物を再生させた飲食店、スイーツの新店など注目スポットを巡ってみては。

大人気観光地・小樽で冬の休日を楽しもう!

 今回は、クリスマスシーズンの小樽を楽しむドライブコースをご紹介。小樽ICを降りて、まずは定番観光地の「小樽運河」へ。石造り倉庫と運河の景観を眺めたあとは、築約100年の洋館を再生させた「Litte Barrel」で、こだわりの洋食ランチを堪能しよう。食後は堺町通りの「大正硝子 くぼ家」で、レトロな雰囲気と香り高いコーヒーを満喫。続いて今年4月オープンの「柳月 オタルト店」に立ち寄り、ここだけの限定菓子をゲットしたい。ラストは「小樽オルゴール堂 本館」でクリスマスプレゼントにぴったりのオルゴールを手に入れて、札幌への帰路へ。

小樽を代表する観光スポット 夜のライトアップも必見!
小樽運河

大正~昭和初期築の倉庫は、かつて荷物の保管庫として建てられたもの。現在は飲食店などに使われている

 1923(大正12)年に完成。運河に沿って雰囲気ある石造り倉庫が立ち並び、小樽らしいノスタルジックな景観が楽しめる。「小樽ゆき物語『青の運河』」開催中は運河に青色LEDの電飾が施され、よりムード満点に!

運河沿いには散策路も整備

北側には今も船が係留されている「北運河」がある

23年1月31日(火曜)まで、青色LEDが輝く「青の運河」を実施中。点灯は日没~22時30分

小樽市港町
TEL:0134-32-4111(内線7450/小樽市観光振興室)
※「青の運河」の問い合わせはTEL:0134-33-2510(小樽観光協会)
料金:散策自由
駐車場:周辺の有料駐車場を利用

築約100年の歴史ある洋館でこだわりの洋食ランチを堪能
Little Barrel

ランチパスタの「エビのレモンクリーム」(1200円)。ランチは全メニューにミニサラダとスープが付く

 元病院という大正時代の洋館を再生させたゲストハウス&カフェ・ビストロ。趣ある建物と現代のセンスが融合したおしゃれな空間で、ベテランシェフの洋食やスイーツが味わえる。

観葉植物やアンティークの照明が配されたカフェスペース

1924(大正13)年築の洋館をリノベーション。宿泊は1室2名利用で6800円~

ランチメニューの「ハンバーグステーキトマトソース」(1250円)

「米粉」のシフォンケーキ(キャラメルナッツ風味)」(780円) は、食感もっちり

小樽市花園3-4-17
TEL:090-2816-2808
時間:11時30分~22時(ランチLO15時30分、ディナー18時~ LO21時)※15時30分~18時は軽食・デザート、ドリンクのみ提供。月曜は~17時(LO)
定休日:火曜・水曜
席数:30席(禁煙)
駐車場:6台(無料)

古きよき小樽の雰囲気を伝える堺町通りのレトロカフェ
大正硝子 くぼ家

磨き込まれた床板や少しゆがんだ窓ガラスに、積み重ねてきた長い歴史を感じる

  1907(明治40)年築の元商店を利用したカフェ。往時の面影を残す風情たっぷりの店内で、ガラスの器で供されるコーヒーや、ぜんざい(600円)などの和スイーツが楽しめる。

建物は小樽市指定歴史的建造物に選定されている

カフェの隣にステンドガラス専門店の「Mahalo」を併設

きんつば付きの「お抹茶セット」(650円)。注文ごとにたてる抹茶は香り豊か

有機栽培コーヒー豆を使った「コー ヒーセット」(700円)。バニラアイスと白玉3個が付く

小樽市堺町4-4
TEL:0134-31-1132
時間:10時~18時30分(LO18時)※日によって時間短縮の場合あり
定休日:なし
席数:27席(禁煙)
駐車場:周辺の有料駐車場を利用

帯広発の話題の新店でここだけの限定菓子をゲット!
柳月 オタルト店

発酵バターが香る生地に大納言の蜜漬けを合わせた「オタルト」(2個入り440円)

 帯広の人気菓子ブランド「柳月」が小樽に初出店。「あんバタサン」(4個入り 600円)などの定番はもちろん、同店限定の「オタルト」「小樽硝子ジュレ」も販売する。併設カフェで味わえる十勝産生乳のソフトクリームもおすすめ!

「小樽硝子ジュレ」(1個270円)は、余市産ブド ウ・バッファローの果汁を使ったゼリー

十勝産小豆の風味が生き たミルクソフト「十勝あずき」(387円)

柳月の人気商品をラインアップ。 奥には菓子 職人が手がけたタイル画が飾られている

堺町通りに22年4月オープン

小樽市堺町3-18
TEL:0134-64-5222
時間:9時30分~17時30分
定休日:なし
駐車場:周辺の有料駐車場を利用

歴史的建造物を包み込むオルゴールの美しい音色
小樽オルゴール堂 本館

音色に合わせてチョウの羽が動く「バタフライ・ジュエリーボッ クス」(左/1万5400)など、ロマンチックなオルゴールが充実

  1915(大正4)年築の米穀商本社社屋を再生させた吹き抜けの館内に、約38,000点のオルゴールがずらり。オリジナル商品を中心に、お手ごろ品から高級品まで、サイズ・デザインもさまざまなオルゴールがそろう。

建物内部は総ヒノキ造り

定番の「蒸気時計オルゴール」 (右/4180円)と、クリスマス飾りにぴったりの「オリジナルツリー プチ」(1万4850円)

小樽の人気観光スポット・メルヘン交差点に面して立つ

建物前にある蒸 気時計。15分ごとに、汽笛の優しい音色で時を知らせる

小樽市住吉町4-1
TEL:0134-22-1108
時間:9時~18時
定休日:なし
駐車場:周辺の有料駐車場を利用

 ※消費税率引き上げおよび軽減税率制度の導入に伴い、持ち帰ることも店内で飲食することも可能な商品は、「店内飲食」「持ち帰り」のいずれかで税率が異なります。詳しくは現地スタッフへお尋ねください。
※掲載の情報は2022年10月時点のものです。メニュー・商品の内容や取り扱いに変更がある場合があります

この記事をシェアしよう

ハイウェイウォーカーの最新情報を購読しよう